2022年1月「コロナ禍から新事業展開へ」

2022年1月プランタン記事
「コロナ禍から新事業展開へ」
株式会社黒潮(鳥居松町)

【昨年10月に閉店】
 昨秋、春日井市役所の前にある飲食店が突然、姿を消しました。つい最近まで昼は名物唐揚げが人気のお値打ちなランチ、夜は大人数での宴会、そして毎月のイベントでは鮪の解体ショーの実演をするなどお客様から愛され、にぎわいををみせていただけに、「昨今のコロナ禍の影響を受けての閉店か」との憶測が飛びました。そのお店の名前は「日本料理 黒潮」。同店を経営する株式会社 黒潮 岡本博貴社長にその真相を伺いました。

【コロナ禍での飲食店】
 一昨年の冬より、新型コロナウイルス感染症が始まって以来、飲食店は度重なる緊急事態宣言、まん延防止等重点措置などで営業をその都度、自粛。検温や店内の感染症対策に力を入れたり、営業形態をテイクアウトに切り替えたりするなどさまざまな試行錯誤を重ねました。それでもなかなか事態が改善されない日々が続き、今後の事業展開を改めて考え直すきっかけとなりました。

【事業再構築補助金申請】
 岡本社長は、今後の新しい事業形態を模索。幾度となく社員との議論を重ね、介護士の資格を持っていたスタッフからの提案もあって、飲食店の強みを生かした医療行為のできる高齢者介護施設を立ち上げることに辿り着きました。すぐに、手作りで経済産業省の「事業再構築補助金」を申請。見事にその未来プランが認められ採択されることになりました。今月末には建物が着工され、今秋には新たに「ナーシングホーム Kuroshio」をオープンさせる予定です。

【黒潮グループの未来】
 株式会社黒潮は1950年に創業。「美味しい」「応援」「笑顔」を基本理念とし、これまでに飲食店事業・お弁当・ケータリング事業を展開してきました。「今後も美味しい食を提供することを通じて、地域の人を笑顔にし、応援していきたい。社会が抱える問題にもアンテナを巡らせ、地域貢献をしていきたい」と岡本社長は話しています。

株式会社 黒潮
鳥居松町4-114
https://kuroshio-group.com/

>中日新聞 鳥居松専売所

中日新聞 鳥居松専売所

(有)中日鳥居松販売
お気軽にお問い合わせください!

CTR IMG